しろねずみ日記

あれやらこれやらほにゃらら

86

台風が九州に接近する中

広島で平和記念式典(広島市原爆死没者慰霊式ならびに平和祈念式)が無事執り行われてほっとした

 

もし台風の接近が1日ずれていたら…

 

無事行われて本当によかった。

 

こんなにも暑い8月に原爆が投下されて

それどころじゃない熱線やその後の火に包まれて市民が町をさまよった

 

そんな場所へ

安倍さんはどうゆうつもりで毎年出席してるのか一般市民の私には分からない。

 

 

ある年は前年の挨拶をリサイクルしたコピペ挨拶をしてたし

今年は国連核兵器禁止条約採択の場に不参加のスタンスをとった直後

 

アメリカ合衆国核の傘に依存していたって

国連の採択の場に出て

核兵器禁止条約に参加したって良いじゃないか

 

矛盾してるだとかダブルスタンダードだと言われても構わない

 

核の傘の下にいるくせに、といわれても

そこまで非難されることは無かったはず

 

被曝の事実があるのだから。

 

それなのに。

 

 

それと

 

国連核兵器禁止条約採択の場に

保有国と共に日本が不参加だった事、

そんなに非難されませんでしたね

 

稲田さんや加計森友問題もあったけど

同時に核兵器禁止条約の件もつっこんで欲しかったけど

 

そこに力を入れたい議員は変わり者として捉えられてしまう、それが日本の政界なんだと思う

 

テレビでは

ワイドショーでは離婚騒動系

情報番組では夏休みがらみでスーパーキッズ系の放送分量がいっぱいだった?

 

 

そして今日

特に今年の8/6は日曜だったため

広島の原爆の日という事を非常に感じにくい

 

ニュースで扱われる量も圧倒的に減るし

広島や長崎で制作されるような特別番組もない

 

これで良いのか

このままで良いのか

 

「きっとだめなんだろう」

「いつか過ちは繰返される」

 

という考えが募る事が悲しい

広告を非表示にする